雅峯堂
雅峯堂
雅峯堂
雅峯堂

「夢・希望・未来へ」

厳しく混沌とした現在、皆さんのこころを癒し、
励ますことができる楽曲を創り、
応援するため、
「雅峯堂(GAHODO MUSIC OFFICE)」を
設立しました。

人間には、辛いこと、苦しいこと、
悲しいことがたくさんあります。
しかし、どんな時でも、
一生懸命生きていかなければなりません。
生きていくことは大変なことですが、
夢と希望と未来があります。

風が僕にくれたもの 生きる希望と勇気
歌が僕にくれたもの 明るい明日と未来

私たちの楽曲で、皆さんを応援したいと思っています。

RECORDS制作曲

RELEASED

リリースされた曲のYOUTUBEは Gahodo Records by 雅峯堂 からもご覧いただけます

NOW MAKING

CONCEPTコンセプト

  • 設立の目的

    人間はどんなに辛いことがあっても、一生懸命生きていかなければなりません。人間に恵みを与え、時として過酷な運命を与える自然とも、共存していかなければなりません。歴史を振り返ると、志半ばで亡くなった方々も大勢います。私たちは、その方々の命を引き受けて生きています。自分のものであると同時に他者のものでもある人生…。励まし合って生きていくことこそ大切です。
    私たちの創作する楽曲で、多くの皆さんを励まし、勇気づけるため「雅峯堂」を設立しました。

  • コンセプト

    私たちは、伝統ある湯島の地に「雅峯堂」を設立しました。次の和歌は、湯島天満宮のご祭神菅原道真公(文学・詩歌・書道・芸能の神さま)が書かれたものです。

    月の輝きは晴れたる雪の如し 梅花は照れる星に似たり
    憐れむべし 金鏡転じ 庭上に玉房の馨れることを

    現代風に訳しますと、「今夜の月の光は雪に太陽が当たったように明るく、その中で咲く梅の花は、きらきらと輝く星のようだ。空には月が輝き、庭では梅の香りが満ちて何と素晴らしい香りだろう」と言うものです。
    私たちは、この厳しい時代、若者を始め多くの皆さま方が、夢と希望をもって未来に向かって歩まれますよう、こころを込めた楽曲をお届けいたします。

  • 社名・ロゴマーク・コーポレートカラー

    雅峯堂ロゴ

    社名は設立メンバーの「雅」と、木が天に伸びるとともにその木に神が天から降りるという意味を持つ「峯」をとって「雅峯堂」と名付けました。

    ロゴマークは社名の頭文字「雅」と神社の鳥居を、親しみやすく同時に格調高さも併せ持つイメージで作成しました。ロゴマークの色でもあるコーポレートカラーは、何種もの色が混ざった奥行きのある日本の伝統色の中から、芯のある優しさを表現した「真朱(まそお)」という色を採用しています。

COMPANY会社情報

  • 会社名

    雅峯堂(がほうどう)

  • 所在地

    〒113‐0034 東京都文京区湯島3丁目28-18 アド・ホウムズ湯島504

  • 湯島の紹介

    湯島

    会社から見える湯島天神

    外観

    外観

    機材

    機材

  • 連絡先

    TEL/FAX
    03-6806-0449
    メールアドレス
    musicoffice@gahodo.jp

    不在の場合、留守電、FAX、メール等にご用件をお知らせください。

  • 代表

    土田 雅彦

    1975年3月、慶應義塾大学法学部卒業。三井銀行入行。合併が相次ぐ中、三井住友銀行、りそな銀行等大手都市銀行の支店長、部長、役員等を歴任。銀行在任中、慶應義塾大学ビジネススクール「経営幹部セミナー」修了。銀行勤務の傍ら、國學院大學文学部を卒業し、高等神職資格を取得。銀行退任後は、教育業界に転ずる。
    もっとも敬愛する実兄の没後50年を経て、子供の頃からの夢だった作詞や楽曲創りに生涯を捧げ、困難な時代を生きる若者や厳しい環境に置かれた人たちを励ますことを決意する。常に「一生懸命生きることが何よりも大切である」と語る。
    現在、滋慶学園グループ特別顧問、東京ウェディング・ホテル専門学校学校長、社会福祉法人寿山会「ケアホームズ両国」理事長、クラシック音楽事務所の最大手株式会社ジャパン・アーツ監査役等を務めている。

    土田 雅彦
  • 設立

    2020年11月3日

  • 事業内容

    ①音楽の企画・制作(作詞・作曲・編曲・レコーディング等)
    ②コンサートなどの企画・制作・運営
    ③CDやDVD作品にするための企画・制作
    ④取得した原版権や放送権の販売
    ⑤CDジャケットやロゴなどのデザイン
    ⑥文芸作品の創作 等

  • サポーター

    峰尾 昌子
    アドバイザー
    元、大手ラジオ局のディレクター。著名な写真家との結婚後は、その芸術活動を陰で支えた。土田代表とは、30年来の親友で、雅峯堂の設立に貢献。豊富な知識・経験と高い識見でさまざまなアドバイスを行い、雅峯堂をこころから支援する。

    シャーロック・M・桃子
    プロモーション・映像
    東洋英和女学院を経て、東京農業大学畜産学科で動物の幹細胞を用いた生命科学研究を行う。卒業後は、最先端企業において、マーケティングや高度なプログラムの開発により注目を浴びる。雅峯堂のコンセプトに共鳴し、参画。プロモーション及び映像を担当し、視聴者に最高品質のサービスを届ける。当サイトの制作も担当する。新進気鋭のArt Creatorである。

    梅澤 メリー
    英訳監修
    幼稚園から高校まで東洋英和女学院で学び、高校時代にアメリカでの留学を経験。その後、早稲田大学国際教養学部に進学し、インド・スコットランドなどの国を巡る。
    卒業後は、企業で環境保全や社会貢献についての職に従事し、傍らで映像の翻訳業も行う。当サイトでは、キービジュアル部分の英訳監修を担当する。

  • 顧問弁護士

    弁護士法人中島信一郎法律事務所
    代表弁護士 中島信一郎
    〒104-0061 東京都中央区銀座4-9-6 陽光銀座三原橋ビル6階
    TEL:03-6226-2200

CONTACTお問い合わせ

曲に関してのコメントは各YOUTUBEページのコメント欄もご活用ください
上に戻る